ウワミズザクラのボタン

庭にウワミズザクラが白い花を咲かせます。その硬い枝を半年くらい乾燥させて、小さなボタンを作りました。硬い小さな枝には小さな年輪がその年月を描いていました。

小さな年輪のある枝に2つの穴をあけてボタンにすると、いろんな表情で笑い出します。ケラケラ、ガヤガヤとドアの外に転がっていったボタンを、木の上に置いてみると、枝の切れ端だったボタンたちが、何か世界を作り出しました。

Coolな自然に人間がちょっとだけ手を加えると、とてもほのぼのとした世界が広がります。これが人間の本来の役割なのかも、と考えたりします。